制服ブログ

みなさんは制服に対してどんな印象を持たれていますか?

2017年12月27日

ケイズネットワークの佐々木です。
これからユニフォームのことや、ユニフォームにまつわるエピソード、などなど制服販売会社の視点からあれこれ、お話ししていきたいと思っています。
今日は制服ブログの第一回目。私が制服を着ていた時代の体験談も交えて少しお話しさせてください。

みなさんは制服に対してどんな印象を持たれていますか?
制服ってイメージは人それぞれだと思いますが、ボツ個性・地味等々、どうもマイナスのイメージが多いような気がします。
今はとても素敵な制服があって、私とスタッフは半年ごとに出る新作制服のジャケットとスカートやパンツを仕事服として着用しています。
「これ弊社で販売している制服です。」と自分の着ている服をご紹介する「それって制服ですか?こんなおしゃれな制服もあるの?」と言われる方がほとんどです。
ただ、そういう反応があるということは、今も制服はおしゃれじゃないというイメージからなのでしょう。

確かに私も新卒で就職した会社の制服には泣かされました。「え?これ着るのですか?」と入社初日に支給された制服に驚きました。何十年前から変わってないのでは?思われるデザインと色。ボツ個性どころか、どんな美人の同僚が着てもダサ・・となるもので、会社の制服も就職の際にチェックすべきだったと心から思ったのを覚えています。
毎日、ロッカー室で着替える服におしゃれ心を奪われテンション下がる・・
私この会社の長ならぜったい素敵な制服を支給するのに・・ダサ制服を会社が着せるのは大きな損失だ!と思っていました。ここまで書いて「あれ、これが今の仕事につながったのかしら・・」気づきました。

ただ、私の7年におよぶOL制服ライフで気づいたのは、制服でいると20代の新人も50代の大先輩も同僚という仲間意識が自然と生まれ年齢差もあまり気にならなくなり、その人そのものを見ることができるなと思ったのです。
女性の服装は男性のスーツ姿と違い、多種多様です。仕事場では可愛いふわっとした服よりシャープスーツ姿がバリバリOLに見えてしまします。中身はどうあれ・・・

制服は見た目が揃うので、本来の仕事ぶりがよくわかり、制服を着ている方が人の評価を平等にするという調査結果も出ているようです。
「人を見た目で判断してはいけないよ。」という言葉あるということは、人は自然と見た目で判断してしまっているということなのです。
なので逆をいえば、見た目をきちんと揃えることで、その印象がぐっとよくなるということですね。

私もOL4年目に制服が一新され、嬉しくて同期と写真をとりあったりしたものです。毎日着るものですから、本当に制服は大切な服なのです。

今、制服も多種多様・・機能性と美しさを併せ持つ優れものをどんどん紹介していきますので、宜しくお願いします。

Page Top